冒険の書 ~ゲームブック「永劫選択」~

gamebook.exblog.jp ブログトップ

ルーダウンの集落

ルーダウンの集落へ。
その途中、長槍を右手に持った筋骨隆々の男と遭遇した。
下院議員派に依頼された救出者ゴティネスであった。
彼と一緒にルーダウンの平屋農家を目指す。
ここが4人の救出者が集合する場所だ。

農家に入る。
主人公のジルベルトと再会。
それと、ゴティネスと同じ下院議員派に依頼された救出者サンボーンもいる。
新興教団〈ガート〉の信者で、妖術師だそうだ。
4人が揃った。

話し合いのすえ、4人は単独行動でそれぞれ円形要塞を目指すことになった。

ゴティネスとサンボーンは早々に農家を出て行った。
主人公はジルベルトを見送って少し休憩した。
1時間休憩したので、生命力と精神力回復する。
でも全快なので意味なし。

「この先の道はアーウィットの町まで三つに分かれている。
中継地点として、を目指す方が最善だ。いや、唯一の道順だ」(66p)。
1.メディロス丘陵地の古い道。
2.ファイク岩山からローランサンの森を抜ける道。
3.タラッシュ湖沿いの道。

まだ決めていないが、とりあえずルーダウンの集落を出る。
しばらく進むと、人の手によって作られた小山が見えてきた。
看板があり、それには≪光の旅人亭≫と書かれている。
上に宿屋があるようだ。
ジルベルトたちが寄った形跡はないらしい…。
無法地帯を進むので、色々情報がほしい。
でも余計な探索はしない方がいいのだろうが。
…考えた結果、光の旅人亭に行ってみることにした。





[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-02-08 00:40 | 8.ルーダウンの集落 | Comments(0)

ゲームブック「永劫選択」のプレイ記録


by Electio-Aeterna
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite