冒険の書 ~ゲームブック「永劫選択」~

gamebook.exblog.jp ブログトップ

ローランサンの森・不幸な男カバル


奥の道は全て調べたので、最初の三差路(11-4)に戻った。
今度はその三差路の北の道(11-5)を調べてみることにした。
進むと、更に三差路になった…。
右の道(11-9)に行くことにした。

しばらく進む。周囲は静まり返っていた…。
1本の木に、生物の気配を感じた。
警戒しながら近付く…。
木と同化した男がいた!
「体の右半身は木の一部となり、左の半分
はその木からはみ出している……。」(123p)

男はまだ生きている!
主人公は恐る恐るこの男に話しかけてみた…。
「旅人か……?」(123p)

男の名はカバル。
どうやらレーシーに捕まると、木と同化させられるらしい…。
さっきのエルフのトルスティたちがレーシーを狩る理由も、
このことと関係しているのだろうか…。

ともあれ、主人公はカバルに助ける方法はあるのかと尋ねた。
即座に「ない」と返ってきた…。

ここで判定チェック。

判定チェック:
知性チェック12+4=16
主人公の知性13+6=19
成功!

「その厚意に答えて、知っていることを語ろう。君に役立つかもしれん」。(123p)

情報を一つだけ聞くことができる。
情報3の「地下研究所の神々の集う場所」 [ 知性12以上必要]にする。

「地下研究所の神々の集い場……。そこへアンクを持て。さすれば、古代英雄の
恩恵を授からん」(124p)

EX獲得。EX合計

一応、カバルに一思いに殺してやろうか尋ねる。
恐怖、怒り、痛みが消えているらしく、カバルはレーシーになることを選んだ…。
彼の選択が正しいのか、間違っているのかは、分らない…。

主人公はカバルの下から去った。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-06-18 10:15 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ゲームブック「永劫選択」のプレイ記録


by Electio-Aeterna
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite