冒険の書 ~ゲームブック「永劫選択」~

gamebook.exblog.jp ブログトップ

アーウィットの町・剛腕ヴェンダー


ソファーに筋肉質の男が座っていた。
その男は水タバコを吸っている。

男の両脇には娼婦らしき若い女性いた。
彼女たちは楽しそうにワインを飲んでいる。

男は、主人公に目も呉れず、娼婦に夢中だ…。
「あなたの冷めた視線に男は鼻を鳴らした。」p171

そして、男は口から煙を吐き出す。
「俺がここアーウィットを仕切っているヴェンダーだ。」p171

主人公は自己紹介した。

ヴェンダーは、主人公に水タバコを差しだした。
「やるか?逢魔時に備えるには一番利口なやり方だぜ。」p172

どうやらただの水タバコではないらしい…。

ラシューガ産の「アトバール」という強力な麻薬だ。
「今からゆっくりとこいつを吸い込めば、晩鐘までには出来上がる。そして朝まですっ飛ぶのさ。」p172

当然、主人公はその誘いを断る。

一応、ヴェンダーは主人公を歓迎しているようだ。
一晩この町の宿の部屋を空けてくれるとのこと。

その代わり、彼は商談という名の賄賂を要求してきた。
「フィルモア野郎の場合、相場としてはこうだな。銀貨10枚か、あるいは金目のもの、そうだな……。こいつらが喜ぶような装飾品を1つ渡せ。」p172

さて、どうする…。






[PR]
by Electio-Aeterna | 2016-04-14 14:39 | 14.アーウィットの町 | Comments(0)

ゲームブック「永劫選択」のプレイ記録


by Electio-Aeterna
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite