冒険の書 ~ゲームブック「永劫選択」~

gamebook.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:12.ローランサンの森( 8 )

ローランサンの森・森の出口


森の中を調べ尽くしたので、アーウィットの町を目指すべく、引き返す。
無事、馬車の通った跡が残る大きな道まで戻った(11-28へ)。

今のところ、魔物に遭遇することなく木漏れ日の中を進めた。
ここで判定チェック。

…ちょっと待て、たしか学者の家(過去記事【ローランサンの森・言語学者の隠れ小屋】を参照)で
「森の出口付近の木に× 印を刻んでいる」ところに、高価なコップを隠していることを知った。
「11-28のパラグラフでの判定チェックを行う際、その〈基本指定能力数〉から5引くことが出来る」のだった。
つまり今こそなのだ。

判定チェック:
機敏チェック16+2=18
主人公の強靭13+5=18

機敏の〈基本指定能力数〉から5引く
18-5=13

ということで成功。
確かに、出口付近の木に×印が刻まれた木があった。

木の下を調べると、銅の小型宝箱を発見した!
中から木のコップが出てきた。
万年樹で作られた高価なコップのようだ。
むろん、持って行くことにする。

万年樹のコップ(貴重品): 備考 1万年を生きた長寿の樹キリアーンの飲用容器

ここで生き物の気配がした…。やはりそう来るか…。

森のレーシーだ。一体だけのようだ。
!! いかん、いかんぞ。
武器が破損しかかっているのを忘れていた。
でも、技能はまだ使いたくない…。
幸い、【逃走可能】だ。

とういうことで、逃走を試みる。
1、1D振る。出目は
2、2D振る。出目は・・・・・・・・・・2+2=! 成功!

無事、レーシーから逃げることができた。
そしてようやく、ローランサンの森を抜けたのだ!!

周囲にはまた木がたくさんある。
用心しながら、主人公は林道を進んでいった…。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-08-22 17:32 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ローランサンの森・森のドラゴン!


やがて道は、枯木や枯葉が集められた広場にでた…。
なんと、右脇に銅の大型の宝箱がある!!
なぜ!???

宝箱に集中していると、突然、上空が暗くなった…。
恐ろしい事態が起こってしまった!!
何と、空を見上げると、一体のドラゴンが飛んでいたのだ!!
ドラゴンは頭上で旋回している!

いや、正確にはドラゴン(大竜)ではなく、ドイレク(小竜)のようだ。
ドイレクはドラゴンの一種で、ドラゴン比べて、力と知能が低いらしいが
それでも目の前にいるのは5メートルはある。
これでも小さいのか…。しかもまだ子供だというではないか…。

などと考えていると、幼い「フォレスト・ドレイク(森林の小竜)」は、
主人公めがけて襲いかかって来た!!

ここで判定チェック。

判定チェック:
機敏チェック13+4=17
主人公の強靭13+5=18

成功!!
フォレスト・ドレイクの攻撃をかわした!

フォレスト・ドレイクはゆっくりと舞い降りてきた…。
技能や弓を使わず、タイマン勝負してみる。

結果…
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
敵能力設定
フォレスト・ドレイクは4。


フォレスト・ドレイク
基本生命力16→20!! 基本戦闘力13→17!!
ダメージ値1/ 2/ 2/ 3/ 3/ 4


主人公
戦闘力14
武器:短剣  攻撃力2、ダメージ値1/ 2/ 2/ 2/ 2/ 3
防具:長衣  防御力1、

攻撃力14+2=16
防御力14+1=15
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
聞いて欲しい。タイマンでドレイクを倒せた!! しかも短剣で!
36Tかかってしまったが…。

ダメージ 合計
現在の生命力「/14」…。

クリティカル1
技能使用せず


特記事項
特になし
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
フォレスト・ドレイク
精神消耗度 
武具損傷度1~5(固てぇ…)

現在の精神力「/11」

武具損傷度
1D→5
短剣の耐久度-1
現在「/3」

長衣の耐久度-1
現在「/3」

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦利品。
EX獲得!!
EX合計11

ドレイクはドラゴンの一種だから、財宝の収集癖があったのだ。
大型宝箱を開ける
1D振り、出目の物を獲得することができる。
ダイスの目は6!
「大空のフィブラ」

大空のフィブラ (防具・軽装・装備2) :
防御力1、耐久度2 備考 珍しい白鷹獣の大翼のフィブラ。

持って行くことにする。いや、装備することにする。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

フォレスト・ドレイクを撃退した。
「あなたは高らかに咆哮した。静まり返った森に響き渡った……。」(122p)
珍しく主人公のテンションが上がっている描写。

小竜の鱗や牙、爪などは高値で売れるとのことだが。
全てを拾って、ハーライン城を目指すことはできない。
この任務を達成したら、回収しに来よう…。
これは一財産築いたのではないのか…?

どちらにしてもプレイヤーのダメージはデカイ!
幸い、ここで休憩することができるようだ!

判定チェック:
強靭チェック15+6=21
主人公の強靭12+2=14
失敗!
それでも少し休めたので生命力と精神力回復。
全快する。

現在の生命力「/14」
現在の精神力「11/11」

ローランサンの森の脇道の探索はこれで終わり。
いささか好奇心に駆られ過ぎてしまった…。
この森を出るために先を進むことにしよう…。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-07-31 16:52 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ローランサンの森・エンザの妖術師


一端戻って、まだ行っていない左の道(11-6)へ。
木の幹に誰かが寄りかかっている…。
それはすでに死体だった…。
調べてみると、イルミネス国に反逆した〈エンザの妖術師団〉の妖術師であることが分かった。
懐をあさってみると、銅貨が大量に出てきた! 
が…今回の冒険では銅貨は使わないので無視する。
細々した物が出てきたが、どれも役立つ物ではなさそうだ。

それから、スクロールケース(巻物入れ)が出てきた。
スクロールケースには鍵がかかっている。
強引に開けてみることにした。

ここで判定チェック。

判定チェック:
強靭チェック15+2=17
主人公の強靭12+3=15

失敗!
落ちてる石で強引に開けるも破壊できない。
無駄な労力ということで、生命力-1減る。
生命力14→13

もう一回挑戦してみる…。

判定チェック:
強靭チェック15+5=20!
主人公の強靭12+3=15

失敗!!
生命力-1減る…。
生命力14→12

失敗してもこれがラスト。
判定チェック:
強靭チェック15+2=17
主人公の強靭12+5=17

成功!!
中には魔法の巻物が入っていた!
もちろん、持って行くことにする。
背嚢はまだ4つ分のスペースがある。

窒息の巻物 (道具) :
備考 サフォケーションの呪文を封じ込めた巻子本。敵の周囲の空気をしばらくの間、消滅させる(1~2で成功)。ただし、悪魔やアンデットには効果はなし。
一度使用すると魔法効果は失われる。戦闘中のみ使用可能

これを使って決まれば、決まる!

主人公は、奥の道に進んでみることにした。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-07-08 12:12 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ローランサンの森・不幸な男カバル


奥の道は全て調べたので、最初の三差路(11-4)に戻った。
今度はその三差路の北の道(11-5)を調べてみることにした。
進むと、更に三差路になった…。
右の道(11-9)に行くことにした。

しばらく進む。周囲は静まり返っていた…。
1本の木に、生物の気配を感じた。
警戒しながら近付く…。
木と同化した男がいた!
「体の右半身は木の一部となり、左の半分
はその木からはみ出している……。」(123p)

男はまだ生きている!
主人公は恐る恐るこの男に話しかけてみた…。
「旅人か……?」(123p)

男の名はカバル。
どうやらレーシーに捕まると、木と同化させられるらしい…。
さっきのエルフのトルスティたちがレーシーを狩る理由も、
このことと関係しているのだろうか…。

ともあれ、主人公はカバルに助ける方法はあるのかと尋ねた。
即座に「ない」と返ってきた…。

ここで判定チェック。

判定チェック:
知性チェック12+4=16
主人公の知性13+6=19
成功!

「その厚意に答えて、知っていることを語ろう。君に役立つかもしれん」。(123p)

情報を一つだけ聞くことができる。
情報3の「地下研究所の神々の集う場所」 [ 知性12以上必要]にする。

「地下研究所の神々の集い場……。そこへアンクを持て。さすれば、古代英雄の
恩恵を授からん」(124p)

EX獲得。EX合計

一応、カバルに一思いに殺してやろうか尋ねる。
恐怖、怒り、痛みが消えているらしく、カバルはレーシーになることを選んだ…。
彼の選択が正しいのか、間違っているのかは、分らない…。

主人公はカバルの下から去った。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-06-18 10:15 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ローランサンの森・幻想的な泉

次は奥の右の道へ。
いきなり、判定チェック。

判定チェック:
知性チェック12+6=18
主人公の知性13+3=16
失敗!

トラップワイヤに掛かってしまった!
脇の木に仕掛けられた仕込み矢が刺さってしまった。
生命力-2減る。

生命力14→12

しばらく進むと、白骨死体があった。死体を調べるが特に何もない。
ただ、上着の裏に≪古代の言を思い出せ≫と刺繍されていた…。

更に進むと、泉が見えてきた。
森と光による美しい幻想的な光景だ。
泉を越えた真向かいの木が光っている。
なんと、木の窪みに、1枚の金属板が入っていた。
古代人のメッセージプレートだ!!
≪老いるからこそ≫と書かれている。
主人公はそれを読んだ…。

ステータスAの観取獲得!
観取の合計
生命力・精神力が回復。
生命力・精神力が全快した。

主人公は来た道を戻った。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-05-06 18:05 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ローランサンの森・レーシーを狩るエルフたち

それから中央の道へ行ってみる。
さっそく判定チェック。

判定チェック:
知性チェック12+1=13
主人公の知性13+1=14
成功!

木の上にポーションをつるした葉巻球体の罠を発見した。
主人公は罠に対処して先を進む。
罠が仕掛けられているということは…。

やがて古い巨木が見えてきた。
木の樹冠には丸太小屋が建てられている。
ここにも小屋が…。
それは「校倉造で、その屋根は片流れの薄板葺きであった。巨木の幹には丈夫そうな梯子が掛けられていた。丸太小屋でありながらも、不思議なことに品位を感じる」(128-129p)とのこと。

小屋に近付くと、その方角から「そこで止まれ! 妖しい人間族め!」(129p)
2体のエルフがいた!
その内の1体は弓を構えている。
やっかいだ…。

主人公は、エルフたちには戦う気がないことを示した。
その理由が背負い袋の中にあるからだ。

エルフたちは人間に興味がなく、ここではレーシーを狩っているとのこと。
小屋を建ててまで、レーシーを狩る理由はなんなのだろう…?

ところで、黄玉のロケットを持っているなら、それをエルフたちに渡すこともできる。
むろん、そうするつもりだ(パクッたろ、という気持ちもあったが)。
エルフのトルスティに、木彫り職人ホシュートから預っている黄玉のロケットを渡した。

トルスティは、ホシュートの頼まれごとの礼にと、弓を差し出した。

●エルフの短弓 (武器・弓矢):攻撃力2、ダメージ値2/ 2/ 3/ 3/ 3/ 4、耐久度2 備考 エルフによって作られた短弓。[両手用] [イニシアチブ加算] [要・狩人技能]

おいおい、いい弓じゃねぇか~。

主人公は二人のエルフと握手を交わした後、ここを離れた。
EX獲得。EX合計




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-04-28 19:42 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ローランサンの森・言語学者の隠れ小屋


森の奥へ。
まずは東へ進んでみる…。

魔物遭遇チェック
ワンダリングモンスター

サイコロは1。
レーシー1体と戦う。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
敵能力設定
レーシーは4。

レーシー
基本生命力5→ 基本戦闘力6→10 ダメージ値1/ 1/ 1/ 1/ 1/ 1 

主人公
戦闘力14
武器:短剣  攻撃力2、ダメージ値1/ 2/ 2/ 2/ 2/ 3
防具:長衣  防御力1

攻撃力14+2=16
防御力14+1=15
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
レーシーは10Tで倒す
ノーダメージ
クリティカル1
技能使用せず

特記事項
2回、呪いを使用されるが、呪いは失敗。
ヒヤヒヤする…。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
レーシー
精神消耗度1 
武具損傷度1~2
現在の精神力「/11

武具損傷度
1D→4
損傷なし。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦利品。
特になし。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

新たな三差路。
左の道を進む。
やがて丸太小屋が現れた。

小屋の中を調べてみる。
扉には針金が巻き付いていた。
中に入るには武器がないと駄目とのこと。
扉を破壊しなければならならないのだ。
迷いなく、破壊することにした。

ここで判定チェック。

判定チェック:
強靭チェック10+2=12
主人公の強靭12+3=15
成功!

扉に巻き付いている針金を破壊した。
1D振る。1~2の場合、武器耐久度-1。
3~6の場合、損傷しない。
1D→
損傷なし。

あなたは丸太小屋の中に入った。
暖炉が設置され、その中には釜がある。
部屋にはベッド、テーブル、棚机などがある。
棚机を開けると、小物入れがあった。中から銀貨2枚が出てきた。

銀貨38枚→41


棚机の古い本が調べてみる。
ここで判定チェック。

判定チェック:
知性チェック10+6=16
主人公の知性13+6=19
成功!!

一枚の羊皮紙を発見。中から銀貨一枚が。
銀貨41枚→42

羊皮紙にはこの森にドラゴンがいることが記されていた。
ドラゴン…。
財宝>強敵

棚机の引き出しを調べてみることにした。
鍵がかかっている…。
やはり、ここで判定チェック。

判定チェック:
機敏チェック11+5=16
主人公の機敏13+5=18
成功!
ロックピックで解除した。

引き出しにはインク、羽ペンやルーペなどがある。
役立つものではない。
それから2冊の革製本がある。
一冊は『グラブン語・シーリー語辞典』、もう一冊は『古北方言辞典』だった。
主人公はその古北方言辞典を眺めた。どこかで見たことがある文字だ…。

あなたは、ファイク岩山で見つけた〈謎の手紙〉を持っているか?
ああ、持っているとも!

辞典を使いながら手紙を読む。
これを書いた者は言語学者で、内容はラブレターのようだ。
重要なのは、「森の出口付近の木に× 印を刻んでいる」ところに、
高価なコップを隠しているということだ。

これはいい情報を得た。
11-28のパラグラフでの判定チェックを行う際、その〈基本指定能力数〉から引くことが出来る。」(128p)

手紙はもう必要ないだろう。ここに捨てて行くことにする。
主人公は、この隠れ小屋を出た。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-04-17 18:00 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)

ローランサンの森・入口周辺

c0352374_21144375.jpg

ローランサンの森へ続く道を歩いている。
やがて、森の入口に標識を発見。
「アンカレッジ」と「ローランサンの森」と書かれている。
ここで判定チェック。

判定チェック:
知性チェック15+5=20
主人公の知性13+6=19
失敗!
何も発見できない。

木漏れ日の中を歩く主人公。
やがて道は三差路になった。

ホシュートの情報(ローランサンの森を抜けたければ、右の道には行くな)
と地図()の見たまんま、左の道を進めば森は抜けられる…。
だが、好奇心がそれを許さない…。
一度痛い目をみるまでは、好奇心に従って進もうと思う。

右の獣道へ寄り道…。

魔物遭遇チェック
1D振り、出目に対応すること。
敵が複数の場合、交互に戦うこと。
【逃走不可】

ワンダリングモンスター
1. レーシー×1
2. レーシー×1
3. レーシー×1
4. レーシー×1
5. レーシー×2
6. レーシー×2

邪悪な森の精霊レーシー。必ず遭遇してしまう。
レーシーは「呪い」の魔法を使う。
3回目の攻撃時、呪いを使用する。1D振り、出目が1~3だと呪いを受ける。
呪いを受けなければ、再び3回目の攻撃で、呪いを使ってくる。

やっかいだ…。おまけに逃走不可。
もしかして、ここは難易度が高いルートではないか…?
いや、好奇心のままに寄り道したのが悪いのだ…。
任務第一」を思い知らされた…。

サイコロは
レーシー2体と戦う。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
敵能力設定
レーシーAは
レーシーBは

レーシーA
基本生命力6→ 基本戦闘力7→9 ダメージ値1/ 1/ 1/ 1/ 1/ 1 
レーシーB
基本生命力7→10  基本戦闘力6→  ダメージ値1/ 1/ 1/ 1/ 1/ 1

主人公
戦闘力14
武器:短剣  攻撃力2、ダメージ値1/ 2/ 2/ 2/ 2/ 3
防具:長衣  防御力1

攻撃力14+2=16
防御力14+1=15
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
レーシーAは7Tで倒す!
ノーダメージ
クリティカル1
技能使用せず

レーシーBは8Tで倒す。
ノーダメージ
クリティカル0
技能使用せず

特記事項
2体から一度だけ呪いを使用されるが、呪いは失敗。
冒険を始めて、最初の危機を感じた…。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
レーシー
精神消耗度1 
武具損傷度1~2
現在の精神力「10/11」

武具損傷度
1D→5、5
損傷なし
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦利品。
特になし(呪いをかけられなかったのが戦利品かも)。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

非常に迷う(←森ではない)ところだが、とりあえず獣道を進むことにする…。




[PR]
by Electio-Aeterna | 2015-03-24 22:23 | 12.ローランサンの森 | Comments(0)