冒険の書 ~ゲームブック「永劫選択」~

gamebook.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アーウィットの町・ヴェンダーの屋敷


主人公と警備兵は、巨大な屋敷の前にいる。
ここに剛腕ヴェンダーという男がいるのだ…。

屋敷の門の横には、二人の門番が立っている。
案内の警備兵は、門番たちに敬礼した後、いきさつを説明する…。

しばらくしてから、案内の警備兵が帰って来た。
警備兵は主人公の肩に手を置いた。
「下手な真似はするなよ? いいな?」p170
主人公はその警備兵と握手を交わした。
それから門番に連れられ館の中に入った…。

屋敷全体は豪華で、趣味が良いようだ。
屋敷の奥には、さらに二人の守衛がいた。
上質ななめし革のリングメイルとファルカタを装備している…。

また、広間の階段の側に八人の守衛がいた(広間には合計10人)。
もし面倒なことになったら、こいつら全員相手するのは難しいなあ…。

などと考えていると、二階から新たに守衛が下りてきた。
主人公はその二人の守衛に連れられて、二階の階段を上った…。

二階の長い廊下に備えられた物置台の上には、美しく輝くゴブレット(酒杯)がある…。
だが、それをじっくり眺める時間はない。

次に、三階に案内される。
豪華な廊下の突き当たりに三人の守衛がいた…。
屋敷内は武装した守衛だらけ。
無駄な抵抗はしないこに決めた。

部屋の中から女の笑い声がする…。
守衛の一人がノックした。
「入れ!」
二人の守衛と共に主人公は、その部屋に入った…。






by Electio-Aeterna | 2016-03-25 09:57 | 14.アーウィットの町